2009年02月17日

ティロリロリン

cdcd.JPG

やっとこさ買えました。
嘘つきバービーの「問題のセカンド」とCOCK ROACHの「虫の夢死と無死の虫」。
ずっと買いたかった二枚です。
なんとかお金に余裕が生まれまして即刻アマゾネスにて注文した次第です。

COCK ROACH「虫の夢死と無死の虫」

超壮大。

コックローチの(とりあえず)ファーストにも関わらずこの重厚な内容。
中二病臭いのはご愛嬌です。
歌詞カードを見ても「命」やら「死ぬ」やら「肉」やらと、
全曲に渡り「死ぬ」事について歌っている感がモロ出しです。まあカバーにそう書いてあったんですけど。
鉛のような音と、文学的で主観的だけどどこか切なさが漂う歌詞が続々と耳を襲います。
この頃からもう宗教っぽい匂いをプンプン感じますね。死生観について歌ってるから仕方ないかもしれませんが。
とりあえず一通り聴いてグッタリ疲れました。たった8曲なのに。
少なくとも布団に入りこのアルバムを聴きながら眠る事は出来なさそうです。
2曲目「孔子の歌」、3曲目「アカシックレコーダー」、6曲目「触覚」、7曲目「赤道歩行」がおすすめです。



嘘つきバービー「問題のセカンド」

超変態。

一言で言えば「やりすぎたゆらゆら帝国」。もうコイツらバカです。
ゆら帝のあの意味不明な感じ、あれをもう一回蒸留して濃くしちゃってます。

ゆら帝好きの人達でも確実に好き嫌いが別れると思います。
ゆらゆら帝国はボーカルの低い声が聴いてて心地よく、歌詞も耳障りだけど(※褒め言葉)すんなり頭の中へ入ってきます。
ところが嘘つきバービーの場合はボーカルの声が高い高い。否が応にも耳のすぐ隣から強引に怒鳴り込んできます。
それに加えて意味の分からなさとテンションの高さ加減は度を越えてんじゃねえかと言いたくなる勢い。
また、所々で「狙ってやってる」と言われてるように、わざと感もどこかあるのがゆら帝との大きな違いかもしれません。

「またまたヨダレをまとったねずみ色のはとぽっぽが 喉から飛びでそう もう252羽目」 (虫こない)
「壁、床、天井、同じ顔の君らわらわらわいてる」 (どろろどっきんぐ)
「ヘルニア悪者が 人間を食う 人間を食う」 (オシャレなクランケ)


音もバカ騒ぎしてます。入り組んでる、という訳では無いですが実直にストレートにバカ騒ぎしてます。
個人的にはミドリに近いかなぁと思ったのですが、あんまりそういうわけでも無さそうです。ミドリはエゾシカ・ダンスしか知りませんし…

ていうか今更ですけど、ファーストアルバムなのに「問題のセカンド」とか言ってる部分でおかしいやん。
ミニアルバム入れたとしてもこれ三枚目ですからね。もはや言ってる事の意味が分からない。
確実に聴く人を選ぶ問題の一枚です。


続きで即興バトンやってます。最近フジファブリックの『銀河』が頭から離れないですけど続き
posted by 一辺両端角相等 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。