2009年04月17日

ミルキーを久しぶりに食べた。悲しくなった。

さて、絶賛大忙中という訳でして、春休みの間に書き溜めていた音楽の紹介記事を載せておこうと思います。
忙しいですね。地味にね。
いっても、まだ僕等の学科はラクみたいです。他の同学年の学科はヒイヒイゆうてます。フハハ。フヘヘ。ドピュドピュ。


THE BACK HORN:奇跡

さあ声よ響け
巡りめぐる時空を越えて
永遠に続いてゆく


はい、バックホーンです。例によってバックホーンです。
乙一の作品を映像化した「ZOO」という映画の主題歌になっている為、PVも「ZOO」での映像が使われています。
僕がバックホーンをしっかりと聴きだしたきっかけのPVでもあります。元々乙一が好きで、色々調べてたらここにたどり着いたっていうアレです。
前述した歌詞の部分が非常にカッコエエです。映像も込みで。後期バックホーンの名曲です。
後半が勝負です。非常にキャッチーでキレイな曲です。



中島みゆき:ローリング

Rollin' Age 淋しさを
Rollin' Age 他人に言うな
軽く軽く傷ついてゆけ


中島みゆき嬢の隠れた名曲、『ローリング』です。
もう天才ですね、みゆき嬢。
これは「時代-Time goes around-」というアルバムに収録された方の楽曲です。
アルバム「中島みゆき」に収録されている方は、上記のバージョンよりも優しく唄ってあります。
中島みゆきは、初期は「アザミ嬢のララバイ」や「時代」からも解かるように優しく歌い上げる楽曲が多く、
90年代辺りからは、力強く歌い上げる曲が多くなっています。年をとり声質も変化するので、仕方が無い事ですが、、、
どちらの「ローリング」も非常に味があり、僕的には甲乙つけがたいです。




Psysalia psysalis psyche:subway killer

吐きそうだこの話
吐きそうだこの話
吐きそうだこの話
吐きそうだよ


Psysalia psysalis psycheの曲ですね。
いや鋭利です。鋭いです。こんくらいガッツリやってもらうと本当に清清しいです。
こういうバンドは歌詞もやっつけな事が多いんですが、このバンドで僕はそうは思いませんでした。
自身の劣等感をぶつけてくるような、そんな辺りは初期のバックホーンを髣髴とさせるものがあって、個人的には聴いていてニヤニヤしてしまいます。
9mmとか時雨が好きな方にもオススメです。

「今日がまた終わっていく 今日はどうも狂っていた そういうことにすらまだ気付いて無いね」



と、いう訳でして3組ご紹介しました。今後もちょいちょい紹介していきます。
僕にオススメな曲があったらまた、教えてやって下さい。歓喜します。
posted by 一辺両端角相等 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。