2009年08月31日

ダークメサイアってナニ?

という訳で本日は一辺初のゲームレビューをしようと思います!
僕がオススメするゲームは「ダークメサイア」です。

d1.jpg

ジャンルはホラーアドベンチャー?でしょうか。
とにかく逃げ回るゲームです。

僕はかまいたちの夜といったノベルゲームや、バイオハザート等との敵を「倒せる」ホラーゲームも好きですが、
このクロックタワーや青鬼(フリーゲーム)といった敵を「倒せない」ホラーゲームが一番好きでして。

そんなホラーゲームの中でも随一の恐ろしさを持つゲームがこの「ダークメサイア」なのです。

ゲーム中はとにかくずっと「ゼァァァーーッ!!」って叫んでました。



舞台は東京の地下。
主人公の乗っていた地下鉄が何かに衝突し、隣の車両からは血しぶきと共に何かのうめき声が聞こえてきました。
慌てて主人公が偶然一緒にそこに居た女の子(JK)と共に電車の外に飛び出すと、そこには見た事も無い怪物の姿が。
彼等は間一髪、怪物に襲われる前にトンネル内にあった扉の中へ入ったのでした。

逃げ道はもう無い。彼等はその扉から、東京の地下水路へと降りていくのでした・・・







d1.jpg


これが主なゲーム画面となります。
主人公の視点からゲームは進められていきます。
途中にある扉から、次のエリアへ移動したり、部屋でアイテムを取ったり住人と会話したりします。


d1.jpg

一緒に逃げてきた奈緒美ちゃん。正直かわいくない。
最初はこの娘と一緒に行動を共にする事となります。


滴り落ちる水滴の音や、ごうごうと流れる水路の音にビビリながらずんずんと地下水路を進む二人。
なんか出るんちゃうかなー、そろそろ何か起きるんちゃうかなーと思った時に奈緒美ちゃんが息を飲みます。


d1.jpg


えっ?









d1.jpg





d1.jpg





d1.jpg





d1.jpg





d1.jpg




なんか、降ってきおった。




えっ?どうすればいいの?どうすればいいの?
と思っている内に




d2.jpg





d11.jpg





d11.jpg





d11.jpg





d11.jpg






こっち、来とる。





そして二人はどんどんと奥へ、奥へと逃げていくのでした・・・







と、いったような感じでやがて地下都市に迷い込んだ主人公達は、
怪物とは何か、ここから脱出するにはどうすればいいのか、
というのを探りながらどんどんとその地下都市深くへと潜り込んでいくのです。
ちなみに奈緒美ちゃんはエスパーか何かは分からないのですが怪物の居場所を感じ取ることが出来るらしく、
近くに出現するとマップ上に怪物が居る点を指し示してくれます。イケメンすぎる。


そんな奈緒美ちゃんも途中怪物と接触すると殺されてしまうのですが、
途中で新たに仲間なる人が出てきたりします。
銃やバズーカを使用する仲間と共に行動すれば、弾がある限り一時的に怪物の足を止める事が出来ます。


ちなみにこの怪物、一定距離離れるまでグングン走りよってくるのですが、エリアが進むにつれ速度が増し、またどんどんといかつくなってきます。


d2.jpg




d11.jpg



d11.jpg



d11.jpg



最後にいたってはもう最初の原型がまるでありません。
そんでめっちゃ速い。主人公が走るスピードと変わりません。

そして主人公はずっと走っていると動悸を引き起こす体たらく。
視界が揺れ、だんだんと画面が赤くなっていく過程が恐怖感を増幅させます。



ストーリは終盤にかけてとても難解になっていきますが、
とにかく怖い。めっさめさ怖い。奈緒美ちゃんが死んでからは戦々恐々です。

一辺両端角相等おすすめのホラーゲーム「ダークメサイア」、中古ゲーム屋で見かけた際は是非買ってみて下さい。
ホラーゲーム好きなら絶対損はしません。
posted by 一辺両端角相等 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。