2009年12月19日

このバンドが(個人的に)すごい!2010

いやね……



なるべくね……



ブログで愚痴は書かないようにとね……



してたんですけどね……



どうしてもね……



これだけはね……






言いたくてね……









お前等、雪降ったからってはしゃぎすぎやろ!!



僕が通ってる学校には近畿各地からどうしようも無い変態が集まっているんですが、

やっぱり中部、南部から来た奴等には雪が珍しいらしくてね、

今も皆しゃかりきコロンブスしてはりますけども…


いやまあほら、1年生とかなら分かりますよ。
こんだけ雪が降ったのを見るの、はじめて!やっほー!
みたいなね、そういう気持ちになるのは分かりますよ。




お前等、今年で、18やろ!


寮生活3年目やろ!!


「もちろん雪合戦やるよな?」じゃないんや!!

こっちはもう見飽きてるんや!!


「ウインドブレーカー着てやる気満々やな」じゃないんや!!

部活帰りなんや!

昼になるまでグッスリ眠ってたんやろ!どうせ!


でもまあ、そいつ等が楽しそうしてるとこを見ると、やっぱ冬もいいかもなと、雪球をぶつけ合いながらそう思いました。




という訳でして、本日はね、この1年で僕がハマった曲、アルバム、バンドをね、紹介したいと思います。

本当は曲のランキングとかしてみたい、って気持ちもあるんですがいかんせん選曲が偏ってしまうんで…はい…

例によってマイナーなとこばっかりなんでお気をつけて下さい!仕方ないね!


ではまずはまった曲から!!



serial TV drama:噛ませ犬



youtubeを探しても無かったんで、残念ながらどんな曲かをお聞かせすることは出来ませんが、本当にカッコイイ曲です。

ドゥフドゥフなドラム、切れ味のあるベース、力強いギターとどれを取ってもかっこいいです。ゲキアツです。ジャムプロジェクトやバックホーン、9mmに通ずるものがある気がします。

でもその中にもメタルの要素も入ってて、凄い独特なものになってます。
とにかくドラムとあとギターソロががいいですね。たまりません。

歌詞も実に実直でストレートです。

「今すぐ引き金を引いて
 やられたままの噛ませ犬ではもう
 終われない」

他の曲は変なもの(もち褒め言葉です)やアンニュイなものばかりな中、こんな歌詞は珍しいです。余計この曲の存在感が引き立ちます。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムが一体となった怒涛のラストには鳥肌が立ちまくりです。とにかくかっこいい曲です。


STAn:THE FIRE

一度ブログに書きましたね。2007年発売のシングル曲です。
本当はこのミス系列の選考でいえば時期が外れているのですが、とにかく聴きまくってたんで…はい…

豆師匠さんに教えてもらった曲なんですが、いやーたまらんですね。
とにかく聴いていてニヤニヤしてしまうようなナンセンス具合。

「プラネタリウムでSEXするよ」とか

「バイバイアッカンベー」とか

「たまやー」とか

「ドーン」とか

脊髄で歌詞作ってるんじゃないかと思ってしまいますが、でもそれも計算されたものなんでしょう。たぶん。
そして何が憎いかって、その歌詞を載せる音楽がカッコいいのが。。もう。。
楽しけりゃなんでもいい、っていうスタンスが伝わってくるスタンの名曲です。あっちょっとうまいこといえた。


他にもUNLIMITSの「茜歌」やThe mirrazの「check it out! check it out! check it out!」など、気に入った歌は沢山ありました。
UNLIMITSは特にお勧めです。
アニメの主題歌とかにピッタリはまりそうな曲を多く作ってます。
個人的には、あんまりそういうのに使うのはやめて欲しいんですけども…


続いては気に入ったアルバムです!


Veni Vidi Viciousベートーベンは好き。特に詞がいい。


とんでもねえバンドです。

今年は大体このアルバムを聴き倒していました。
7曲+ボーナストラック1曲のミニアルバムです。

バンド名はハイブズのアルバムからとったのもうなずけるほど、清清しいガレージロックです。
ボーカルのアンニュイな歌声、キリキリとしたギター、バカバカと鳴るドラム。
曲全体が、アルバム全体がヒリヒリとした紙ヤスリで覆われているようです。

っていうかアルバム名からしておかしいですよね。
リンゴ・スターの名言をそのまま使ったらしいですが…
やってくれますね、はい。


歌詞も危なっかしいというかなんというか、ソーダのようです。

「本当を歌った牧師は死んで 嘘で大儲けの牧師は笑う
 これは少し未来の話 馬鹿げてる」(アルペジオ)

「僕はライアー 騙されんな
 何がロックだ 勘違いだ」(Ano-Hacienda)

一概に攻撃的なだけとは言い切れないようなジリジリとしたものがあります。
っていうかもうなんていうかもう、理屈抜きにかっこいいです。
洒落てて気取っててもうしびれます。度数の強いウイスキーみたいです。すいませんウイスキーとか適当な事言いました。

本当にいいアルバムだと思うのですが、なんていうかあまり感想が書けません。
自分の語彙のなさに絶望です。
いや本当に、綱に自ら火付けてるような、そんなアルバムです。


おすすめは激しいシャウトが特徴的な「Ano-hacienda」、
ずっと同じ事ばっか言ってる「O'RAMA ROCK'N'ROLL BAND」、
無気力感満載の「ラスト・ワルツ」。

youtubeにアップされている「セイカイ ハ カエル」もおすすめです。
いやもう全部おすすめです。なんやねんこのレビュー。


今年はテレフォンズやフランプール、9mmやボウディーズが躍進した年となりましたが、
来年、彼等がこの中に名を連ねる事となってもなんらおかしいことはない、かも、しれません。
言いすぎたかも、しれません。



さて最後に、今年気になったバンドを紹介します!

カルガモネンドです!


歌謡ロックなんてやわなもんじゃない、超歌謡ロック。
ギンギンのギターやドラムが響くんですけど、歌謡曲なんです。もうなんだか凄い。
この21世紀にこんな曲を作ってるなんて…本当に感服です。
「青空ブルースをあなたに」、「光る街」といった曲が僕は大好きです。

「午後の三時に家を出たのさ 涙のわけさえ分からんが
 どうにかなるさと 風に訊いた」

と、このように歌詞もどこか古臭い言い回しなのですが、それが逆にかっこいい。
古臭いけど一周回って新しい、そんなバンドです。

そしてボーカルのムロが毎日書いているブログも面白すぎます。
僕はいつも通学時に読ませて貰ってます。

最近は昭和の歌謡曲を無理くり新しくしたような、エセ音楽が多くまかり通る世の中になってしまいましたが、
そんな中にあえてド歌謡を貫く彼等はもしかしたら救世主なのかも、しれません。
並大抵な道のりではないかもしれませんが、今後もスタンスを変えずに活動をし続けて欲しいと思いました。
影ながら、応援しています。

そんな彼等も年明けにアルバムを発売という事で…
絶対買います。絶対。




とまあお送りしたこのバンドが凄い!でしたが…

いや誰にも共感してもらえんやん…

とにかくVeni Vidi Viciousは聴いて頂きたいです。かっこいいです。
あとカルガモネンドのムロブログも読んで頂きたいです。面白いです。

さてやっとこさ冬休み、23日が近づいてきました!!
多分、年末前にラジオやります!ゲストも呼ぶかも!例によって下ネタラジオとなる確率は超高いです!!
続報を待て!待ちに待て!!
posted by 一辺両端角相等 at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。