2009年02月17日

ティロリロリン

cdcd.JPG

やっとこさ買えました。
嘘つきバービーの「問題のセカンド」とCOCK ROACHの「虫の夢死と無死の虫」。
ずっと買いたかった二枚です。
なんとかお金に余裕が生まれまして即刻アマゾネスにて注文した次第です。

COCK ROACH「虫の夢死と無死の虫」

超壮大。

コックローチの(とりあえず)ファーストにも関わらずこの重厚な内容。
中二病臭いのはご愛嬌です。
歌詞カードを見ても「命」やら「死ぬ」やら「肉」やらと、
全曲に渡り「死ぬ」事について歌っている感がモロ出しです。まあカバーにそう書いてあったんですけど。
鉛のような音と、文学的で主観的だけどどこか切なさが漂う歌詞が続々と耳を襲います。
この頃からもう宗教っぽい匂いをプンプン感じますね。死生観について歌ってるから仕方ないかもしれませんが。
とりあえず一通り聴いてグッタリ疲れました。たった8曲なのに。
少なくとも布団に入りこのアルバムを聴きながら眠る事は出来なさそうです。
2曲目「孔子の歌」、3曲目「アカシックレコーダー」、6曲目「触覚」、7曲目「赤道歩行」がおすすめです。



嘘つきバービー「問題のセカンド」

超変態。

一言で言えば「やりすぎたゆらゆら帝国」。もうコイツらバカです。
ゆら帝のあの意味不明な感じ、あれをもう一回蒸留して濃くしちゃってます。

ゆら帝好きの人達でも確実に好き嫌いが別れると思います。
ゆらゆら帝国はボーカルの低い声が聴いてて心地よく、歌詞も耳障りだけど(※褒め言葉)すんなり頭の中へ入ってきます。
ところが嘘つきバービーの場合はボーカルの声が高い高い。否が応にも耳のすぐ隣から強引に怒鳴り込んできます。
それに加えて意味の分からなさとテンションの高さ加減は度を越えてんじゃねえかと言いたくなる勢い。
また、所々で「狙ってやってる」と言われてるように、わざと感もどこかあるのがゆら帝との大きな違いかもしれません。

「またまたヨダレをまとったねずみ色のはとぽっぽが 喉から飛びでそう もう252羽目」 (虫こない)
「壁、床、天井、同じ顔の君らわらわらわいてる」 (どろろどっきんぐ)
「ヘルニア悪者が 人間を食う 人間を食う」 (オシャレなクランケ)


音もバカ騒ぎしてます。入り組んでる、という訳では無いですが実直にストレートにバカ騒ぎしてます。
個人的にはミドリに近いかなぁと思ったのですが、あんまりそういうわけでも無さそうです。ミドリはエゾシカ・ダンスしか知りませんし…

ていうか今更ですけど、ファーストアルバムなのに「問題のセカンド」とか言ってる部分でおかしいやん。
ミニアルバム入れたとしてもこれ三枚目ですからね。もはや言ってる事の意味が分からない。
確実に聴く人を選ぶ問題の一枚です。


続きで即興バトンやってます。という訳でね、バトンなんですけどね。
「おっぱい」をテーマにコントを作れ、ちゅう事なんですけど、
いやいやいや、確実におかしいですやん。どうやって作れって言うんですか。
考えてみても下さいよ。おっぱいですよ?
いやさすがにね、僕かてね、そこまで落ちぶれちゃいませんよ。
そんなんで書いちゃったらもう終わりですらね。みんな僕の真似はしないようにね。


--------------------------------------------------------
絶景、であった。
阿蘇山の米塚が、我々救助隊の眼前に差し迫っていた。
記録的な大雪により、阿蘇にも多くの雪が降り積もった。
そんな中、一部の下らない連中が果敢にも登山を試み、結果、このような事態になってしまった。

万が一の時の非常用発煙筒を装備しながら、私は窓の外に見える、雪にまみれた米塚を見ていた。
このような非常事態に述べるのも不謹慎かもしれないが…
数世紀に一度というこの大雪に埋もれた米塚は、この地で生まれ、欠伸さえ出ない程この山を何度も見てきた私の目を奪うほど、きらびやかで美しかった。
なめらかな斜面に、まるで三角定規で計測したかの如く水平に降り積もった粉雪が、雲からはみ出した日光をきらびやかに反射させている。
そう、それはまるで絶景であった。



捜索隊は朝5時に、ふもとを出発した。
経験した事の無いような雪道に足(腰といったほうが良いかもしれない)をとられつつも、前へ前へと進んでいく。
例年降ってはいるが、ここまで降り積もるとは思ってもみなかった。
先人達の作った土塁から登りつつ、私は上空を見上げた。
ヘリコプターが度派手な音を立てながら二機、旋回している。
片方は捜索ヘリであるが、もう一つは・・・

--------------------------------------------------

白いヌーブラ、であった。
瞬時にそう思ってしまった。いやいやこれ完璧にヌーブラやん。
自然な付け心地が大人気を博した、あのヌーブラやん。
米塚じゃねえよコレ、乳塚やん。
俺はこれを乳に例えると本来乳首があるべき部分へ、カメラをズームインさせた。
『テレビ熊本』のヘリコプターは相変わらず狭くそして汚く、3ヶ月前に本社から左遷させられた現実を物語っている。
悔しいが、今は九州の皆さんにこの遭難事件の詳細を届けなければいけない。きっと普段雪が降らない宮崎県民の方とかなんか、もうそれはそれは食い入るように見ているはずだ。


しかし、しかし俺は今、オナ禁中であった。
3ヶ月前に見た彼女のヌーブラ姿が頭をよぎる。
クソッ、左遷のせいで全て消えてしまった。昇進の道も、彼女との未来も。
次の彼女が出来るまで絶対に我慢するぞ、と始めたこのオナ禁も今日で100日目を迎える。
もはやただの山にさえ欲情するようになっていた。
おそらく、カメラに取り付けられた小型マイクよりも、俺のマイクの方が今、確実に硬く大きくなっているだろう。
ダメだダメだ。気を確かに持て俺。九州の皆さんにこの事件をお伝えするんだ。


-----------------------------------------------------


今、上でバリバリバリと聴こえる羽が回る音の他に、何か不吉な地響きのような音がしている。
おそらく救助員全てその事実に気づいているのだろう。皆顔をこわばらせている。

しかし、もう九合目まで来てしまっている。雪崩が起きようとしているのであれば、山頂まで登ってしまったほうがまだ安全だろう。
私は「引き続き登る」と後続にサインを送ると、残りの坂を一気に上りきった。

いきなり、視界が開けた。山頂から見る周囲の景色も、予想にたがわず素晴らしいものであった。

しかし、どうやら山頂付近にも遭難者は居ないみたいだ。

私は本部に状況を伝えようと、トランシーバーに口を当てた。
そしてその時、やっと火口の異変に気が付いた。

気が付くのが遅かった。

後ろを振り向くと叫んだ。

「総員、退避!」



--------------------------------------------------------

いやいやいや、もうコレ完璧に乳首やん。
俺の左手は、このマイクを窮屈なジーパンから解放させてやろうと、YKKのファスナーをカチャカチャさせていた。
隣でクルーが叫んでいる。どうやらこの乳塚が噴火したらしい。
噴火といってもたいしたことは無く、言うならばハワイ型噴火だ。
ゆるりゆるりと溶岩が火口から山頂めがけひりだしてくるのが見て取れる。
現在このおっぱいは陥没乳首だが、いずれノーマルおっぱいになるであろう。
気が付くと俺は左手で自らのマイクを握っていた。


-----------------------------------------------------

斜面を下りながら、そして慌てる救助員達を落ち着かせようと怒声を上げながら、私は考えていた。
きっと米塚がお怒りになったのだ。
その瞬間、救助員達の脅え声は悲鳴に変わった。
後ろを振り返る。
ちょうど溶岩は山頂に達し、今より斜面を下り始めるところであった。
私は声にならない叫び声を上げると、半狂乱になりながら山を駆け下りようとした。
が、瞬間、足がもつれた。
額から前に倒れこむ。腰に下げていた発煙筒が零れ落ち、今更無意味な煙を吐き出し始めた。
背後が熱いが、後ろを振り返る勇気は無かった。


-------------------------------------------------

いやいやちょっとコレ乳輪でかすぎやでコレ。流石乳塚やないか。名前に違いませんな。フハハ。
完璧な形、乳首、そして乳輪。こりゃあ左手のスピードも上がっちゃうね。
でも…何か、何かが足りない。何が足りないのだろう。
バツイチで子持ちだった彼女。
デートにも乳飲み子を連れて来てたっけな。

クソッ、周りがうるさいな。こっちは今せっかく感傷にひたってるっていうのに。
なんか「人が飲み込まれる」とか「危ない」とか言ってるよ。
にしてもこう、何かが足りないよな・・・なにが足りな・・・


おや?・・・

 何か、乳塚から何か白いものが出て・・・

-----------------------------------------------------

大塚さん:テレビ熊本から阿蘇山の米塚の噴火映像を今、生中継しております。
     あっ、今、今隊長と思われる方が、今にも溶岩に飲み込まれようとしています!
     あの煙は発煙筒からの煙でしょうか、今に、いまにのみこま・・・

     あれ?カメラが切り替わって・・・!!



     な、なんですかこの。。。この陰茎は!
     早く、映像さん早く映像切り替えて!!
     うわっ、かかった! 
     白い!画面白い!

-------------------------------------------------------

米塚が噴火し、隊長が今にも溶岩に飲み込まれそうになっているその瞬間、
全国の朝の茶の間には、左遷されたカメラマンの猛々しい両手オナニーと「母乳やーっ!」の叫びと共にオナ禁記録がストップされる、その瞬間が生中継されたという・・・






これは芥川賞取れますな。フハハ。
posted by 一辺両端角相等 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114389773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。