2009年05月04日

イケメンは逮捕する法律を誰か作ってくれ

という訳でして、大絶賛GW中にも関わらず大して書きたいことが見つからないので例によって音楽紹介です!

今回も例によってロックみたいなのが多いです!許してちょんまげ!



セカイイチ:RAIN/THAT/SOMETHING

滑り出してく妄想も
吐き出すはずの言い訳も
抱えたまま 飛び出していた
びしょ濡れでも かまわないぜ


セカイイチの「RAIN/THAT/SOMETHING」。とても優しい曲です。
ボーカル岩崎の甘い歌声もさる事ながら、ギターやベースも鋭いんですがどこかこう、まろやかな印象を受けました。まろやかってなんだ。
雨上がりの柔らかな晴れ、みたいな。なんか凄い臭い事言ってますが、そんな楽曲です。
ちなみに僕は最近になってアルバムが発売されてたって事を知りました。余すところ無く体たらくぶりを発揮しております、はい。
また一つ買わねばならぬアルバムが出来てしまいました。どーすんのこれ。



eastern youth:踵鳴る

其れを誰一人尋ねども
 血巡り季巡り打ち放つさ


滾ります。鬼のように滾ります。
非常に男臭い轟音が鳴り響きます。イントロでノックアウトです。
しかしそんな中でも、ある一種の切なさ(としか形容出来ない自分のボキャブラリに絶望)が垣間見えます。間奏部なんてのはまさしくそうですね。
力強く大地を踏みしめ、「踵を鳴らし」歩き出す、そんなパワフルな曲です。
最後の叫びもいいですね。たまらんです。
本当に、ブッチャーズと並んで有名になってもおかしくないバンドの一つなんですがね。ニッポンの音楽業界どういうことなの…



バービー:やわらかヘンリー

よそ見して不意に君を殴ったら
 なかみがちょっと、でた。


嘘つきバービーの一曲、「やわらかヘンリー」です。
イースタンユースの「踵鳴る」ではイントロでノックアウトですが、これはバンド名とタイトルでもはやノックアウト。
完璧にゲテモノです。ゲテモノすぎて逆にストレートです。永川のストレートです。ちょっと曲がってるやん。
福岡のバンドにはこういうのが多いとは聞きますが、さすがですね。本当に。
本当になんでこんな歌詞が思いつくんだと訊ねたくなる勢いです。
リフも最強です。本当に奇妙なバンドと曲です。




以上、3組お届けしました!
僕の聴く音楽の範囲は悲しいくらい狭いのでなんともいえませんが、それでも本当に上記の三曲はすばらしいと思います。
突き詰めればそのアーティストでも良い歌はもっとあるのですが、動画サイトに上ってないものばっかりですね。仕方ないですね。
posted by 一辺両端角相等 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。