2009年06月11日

情状酌量のよちんこ無しですわ

どうも、試験だだスベりした予感の一辺両端角相等です。
単位数が多い教科のみ、軒並み平均以下です。微分積分とか英語とか材料力学とかね。
あっ、現代国語ではクラス一位を取りましたよ!こんくらいしか自慢出来ませんよ!

まあね、こんなどうでもいい自分語りを読む為にここを覗いてらっしゃる訳では無いと思うんでね。そりゃそうだ。

ぼけおめクラシック、なんとまあ二回戦に進出しました!チョリーッス!!

次に当たるのはなんとあの住まなくても都さん。言わずもがなお強い人です。
一回戦の結果を見ても、3つ全てのお題で僕よりもずっといい成績を残してらっしゃいます。
おそらく、いや100パーで僕がボロ負けするだろうと参加者の皆さんは思ってる事でしょうんで、小さい波乱の一つでも起こしてやろうと思います。
まあね、だれだれと当たってウヒョーとか言っててもね、結局は1位を取れば関係無いじゃないか、という事にようやく気が付きました。
運だ戦略だとか言う前に頑張ろうと思います。

ってアレですね。
こんな事言ってて負けたら恥ずかしいですね。
でも自分に保険はかけたくないんで、皆さん僕が負けた時には大声で笑ってやってください。
その声聴きながら僕射精しますんで。

さて、今は長文を書くのは一時お休みさせてもらってるんですが、大喜利に触れる事が多くなった分、近頃色々と発想が広がってきたような気がします。

後は本を読んだりとかCDを聴くなりして色々とね、こうね、想像力を養う事が少しずつだけでも出来てきたような気がします。
そんな中、以前紹介した「独白するユニバーサル横メルカトル」を執筆した平山夢明の本をまた一つ手に取りました。
その名も「他人事」っつー本なんですが。

ビックリするくらい残虐です。
正直良くこれを自分の名前付きで出版したな、といいたくなるような作品が多いです。
ただ単に暴力を奮ってる様を描写したような話だったり、オチもへったくれも無い話だったり、オチっちゃぁオチだけどあまりにも救われない話だったり。
また近いうちにレビュー出来ればいいなと思いますが、本当に酷かったです。でも読んでしまう。怖い。

また、音楽のほうでは嘘つきバービーの「子供の含みぐせ」と「増えた1もグル」を購入しました。
ファーストミニアルバム「子供の含みぐせ」は期待しすぎた感もありましたが、でも充分すぎる破壊力。
そしてセカンドの「増えた1もグル」は、もう、圧巻の内容でした。
すごいです。以前ベタ褒めした「問題のセカンド」の良い所がこの6曲に押し込められています。
というよりかは「増えた1もグル」をベースにふろしきを広げた作られたのが「問題のセカンド」といった方が良いかもしれません。

いずれにせよ、ボーカルの歌声の気持ち悪さや、リズム隊の気持ち悪さがファーストよりも飛躍的に向上しており、言ってしまえばそうですね、より気持ち悪くなっています。
とにかく、今後の嘘つきバービーに更に期待してしまう3枚でした。
posted by 一辺両端角相等 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。