2010年08月25日

長文について本気出して考えてみたらいつでもおちんちんに行き着くのさ

はいどうも!ゲス1について皆さんから色んな意見を拝聴したので、締切も近づいている今、自分のネット長文についての意見を書いておきたいと思います!
クソ文です!読む方にとっては「こいつカスじゃねえのー?」とか思われるかもしれません。
でもいずれにせよ、書きたかったんです!ごめん!!

自分がゲス1をはじめた理由は、
「テンプレートにはまった漫才やコントではなくて、そこから一歩踏み出した(踏み外した)ネタを書いてみたら新しい扉が開くんじゃないか?」
というものだったんです。

新しい扉というのは、そう、アナルの事ですね。嘘です。


結果、それぞれ皆さんなりの「ゲス」を投稿して下さって、本当に嬉しく思っています。


おそらく、このような企画に参加している方は皆「お笑い好き」だったんでしょう。
爆笑オンエアバトルを観たり、レッドシアターを観たり、笑神降臨を観たりあらびき団を観ている方が多い事だと思います。
僕も以前ほどではないにせよ、そのような「ネタ見せ番組」をよく観ます。

そしておそらく皆さんはこう思ったのでしょう。

「自分もやってみたい」と。

そしてネット長文投稿サイトを見つけて、漫才やコントの模倣を書いて投稿しはじめるのです。
だから皆が「コント:〜」や「漫才:〜」というくくりで投稿するのは当たり前の事です。


そして自分の投稿したネタの結果が返ってきて、そこで気がつくんです。

「他の人達のほうがよっぽど面白い」と。


さて、ここからが問題です。この後どのような行動を取るか。
負けじと何度も漫才やコントを書くのか、
それともここで自分にしか出来ないようなものを作るか。

さらに「自分にしか出来ないようなもの」(=個性)の探し方も分類されます。
自分の中で漫才師を作り上げ、そのキャラに沿った漫才やコントを作るとか、
もうコントとか漫才とかいうくくりを全部投げ捨てて別の面白さをさがすとか、
どのような行動を取るかは千差万別です。(ちなみに自分は後者に当てはまる・・・のかな?)

おそらくここから、皆さんの中で最初の動機と違う気持ちが生まれ始める事だと思います。


「もっと組み立てられた、より高度なネタを書きたい」

「他の人にはマネできないような、オンリーワンのネタが書きたい」

「頭おかしいんじゃねえのとか言われるようなネタが書きたい」


そんな気持ちが最初の「面白いと思われたい、読んでいる人を笑わせたい」という気持ちと相まって、今の皆さんのネタが生まれているのではないでしょうか。


とどのつまり、これは全部オナニーなんです。
自分のネタの完成度を見せびらかしたい、自分がどれだけアウトローなのかを見せつけてやりたい、そして評価して欲しい。

そして、自分が思い描いている事を実現している人を発見し、それを見て「面白い」「凄い」と感じる。
なんてことはない、自然な事です。

自分の好きな本、アニメ、音楽、映画その他諸々を誰かに奨める時、誰しもの頭の中に、わずかでもこんな気持ちが入っているはずです。

「こんなの見てる俺って、凄くない?」
「こんなにこれを愛してる俺って、凄くない?」

自分達がつらつらと書いている漫才やコントの模倣はこの「好きな本、アニメ、音楽、映画の紹介」と似ているのではないかと、
そしてこの気持ちは絶対拭い去る事ができないものだと、僕はそう考えています。


さて、話は変わりますがどの文章が、どのネタが評価されるかは「面白さ」によります。
当たり前の事ですが、面白かったらなんだっていいんです。全く面白くないのに、全く笑えないのに100点とか付ける必要は全く無いのです。

ただ、何を「面白いか」と捉えるのが人それぞれなのが難しいところであり、ここで前述した様々な要素が絡んでくるんだと思います。
「新しい発想」を面白いと感じるのか、「王道の漫才」を面白いと感じるのか、「ゲッスいネタ」を面白いと感じるのか、
これは自分が目指しているものと重なるのではないかと思っています。

もちろん、僕自身もどれが面白くてどれが面白くない、という考えはあります。
その自分の考えを貫き通すのもありでしょうし、その気持ちをおもいっきりぶちまけるのもありでしょう。
ネット長文なんてエゴとエゴとのシーソーゲームなのですから。 (どや)



ただ、自分が面白いと感じたものを素直に「面白い」と認める事だけは忘れてほしくないと思います。
笑ったか笑ってないかでそれを判断するもよし、技術(…という物がなんなのか僕にはわからないのですが…)が凄いかどうかで判断するもよし、
これまでの殻をぶち破るようなものを評価するのもよし。
でも自分自身が本当に「面白い」と思ったものを評価して欲しいなと、僕はそう思います。

だから今回の企画では審査も全員参加とし、「面白かった」ランキングと「ゲスかった」ランキングを付けて頂いた所存です。
僕にとって「面白さ」の中で「ゲスさ」は大きなウェイトを占めています。
そこで「ゲスかった」ランキングを付けてもらう事によって、別の判断方法、評価方法もあるんだなという事を知って欲しかったのです。
そういう事だったんです。
posted by 一辺両端角相等 at 14:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ベッドに寝かされて全身ペロペロされまくった件wwww
ア☆ルまで舐められて、鳥肌立つぐらい感じちまったーよ!!!!笑

ていうかこんなんでお金もらえるなら、
もっとナメナメしてくだちゃーい!!って言えばよかったぜwwww
http://jaka.subekarazu.com/lgvunx8/
Posted by 俺って美味しいのかなw at 2010年09月09日 02:48

イかせてもらえないナマ殺しプレイされたぁぁぁ!!

てかザ一メンって我慢しすぎたら、し お 吹 きみたいに出るんだな!!!
あんな気持ちいいの初めてだし・・・軽く失神しかけたわ!!

コレ男なら一度は体験しといたほうがいいな!!笑
http://jxiuq1-.kig.snapknap.com/
Posted by 男もあんな風にイくんだな! at 2010年09月21日 20:40

なんか最近ザ-メン飲むの流行ってるみたいだなwww

昨日も3発出したけど、残らず全部飲まれちまったぞwwwww

オ ナ 二ーするくらいならこっちで稼いだ方が正解だな♪(* ̄ー ̄)v

http://5tbixlu.ino.bentmen.net/
Posted by ゴクゴク飲みすぎw at 2010年10月18日 15:57

りょーくんが教えてくれたサイトやばいっ!
http://welps.net/kon/n1p011x/

女のコとイチャイチャしただけで、7万もらったよんヽ(*´3`*)ノ
このお金でブルーレイ買ってきまつwwwww
Posted by ウマ(゚∀゚)ウマ at 2010年11月03日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160538466

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。