2009年05月04日

イケメンは逮捕する法律を誰か作ってくれ

という訳でして、大絶賛GW中にも関わらず大して書きたいことが見つからないので例によって音楽紹介です!

今回も例によってロックみたいなのが多いです!許してちょんまげ!



セカイイチ:RAIN/THAT/SOMETHING

滑り出してく妄想も
吐き出すはずの言い訳も
抱えたまま 飛び出していた
びしょ濡れでも かまわないぜ


セカイイチの「RAIN/THAT/SOMETHING」。とても優しい曲です。
ボーカル岩崎の甘い歌声もさる事ながら、ギターやベースも鋭いんですがどこかこう、まろやかな印象を受けました。まろやかってなんだ。
雨上がりの柔らかな晴れ、みたいな。なんか凄い臭い事言ってますが、そんな楽曲です。
ちなみに僕は最近になってアルバムが発売されてたって事を知りました。余すところ無く体たらくぶりを発揮しております、はい。
また一つ買わねばならぬアルバムが出来てしまいました。どーすんのこれ。



eastern youth:踵鳴る

其れを誰一人尋ねども
 血巡り季巡り打ち放つさ


滾ります。鬼のように滾ります。
非常に男臭い轟音が鳴り響きます。イントロでノックアウトです。
しかしそんな中でも、ある一種の切なさ(としか形容出来ない自分のボキャブラリに絶望)が垣間見えます。間奏部なんてのはまさしくそうですね。
力強く大地を踏みしめ、「踵を鳴らし」歩き出す、そんなパワフルな曲です。
最後の叫びもいいですね。たまらんです。
本当に、ブッチャーズと並んで有名になってもおかしくないバンドの一つなんですがね。ニッポンの音楽業界どういうことなの…



バービー:やわらかヘンリー

よそ見して不意に君を殴ったら
 なかみがちょっと、でた。


嘘つきバービーの一曲、「やわらかヘンリー」です。
イースタンユースの「踵鳴る」ではイントロでノックアウトですが、これはバンド名とタイトルでもはやノックアウト。
完璧にゲテモノです。ゲテモノすぎて逆にストレートです。永川のストレートです。ちょっと曲がってるやん。
福岡のバンドにはこういうのが多いとは聞きますが、さすがですね。本当に。
本当になんでこんな歌詞が思いつくんだと訊ねたくなる勢いです。
リフも最強です。本当に奇妙なバンドと曲です。




以上、3組お届けしました!
僕の聴く音楽の範囲は悲しいくらい狭いのでなんともいえませんが、それでも本当に上記の三曲はすばらしいと思います。
突き詰めればそのアーティストでも良い歌はもっとあるのですが、動画サイトに上ってないものばっかりですね。仕方ないですね。
posted by 一辺両端角相等 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ミルキーを久しぶりに食べた。悲しくなった。

さて、絶賛大忙中という訳でして、春休みの間に書き溜めていた音楽の紹介記事を載せておこうと思います。
忙しいですね。地味にね。
いっても、まだ僕等の学科はラクみたいです。他の同学年の学科はヒイヒイゆうてます。フハハ。フヘヘ。ドピュドピュ。


THE BACK HORN:奇跡

さあ声よ響け
巡りめぐる時空を越えて
永遠に続いてゆく


はい、バックホーンです。例によってバックホーンです。
乙一の作品を映像化した「ZOO」という映画の主題歌になっている為、PVも「ZOO」での映像が使われています。
僕がバックホーンをしっかりと聴きだしたきっかけのPVでもあります。元々乙一が好きで、色々調べてたらここにたどり着いたっていうアレです。
前述した歌詞の部分が非常にカッコエエです。映像も込みで。後期バックホーンの名曲です。
後半が勝負です。非常にキャッチーでキレイな曲です。



中島みゆき:ローリング

Rollin' Age 淋しさを
Rollin' Age 他人に言うな
軽く軽く傷ついてゆけ


中島みゆき嬢の隠れた名曲、『ローリング』です。
もう天才ですね、みゆき嬢。
これは「時代-Time goes around-」というアルバムに収録された方の楽曲です。
アルバム「中島みゆき」に収録されている方は、上記のバージョンよりも優しく唄ってあります。
中島みゆきは、初期は「アザミ嬢のララバイ」や「時代」からも解かるように優しく歌い上げる楽曲が多く、
90年代辺りからは、力強く歌い上げる曲が多くなっています。年をとり声質も変化するので、仕方が無い事ですが、、、
どちらの「ローリング」も非常に味があり、僕的には甲乙つけがたいです。




Psysalia psysalis psyche:subway killer

吐きそうだこの話
吐きそうだこの話
吐きそうだこの話
吐きそうだよ


Psysalia psysalis psycheの曲ですね。
いや鋭利です。鋭いです。こんくらいガッツリやってもらうと本当に清清しいです。
こういうバンドは歌詞もやっつけな事が多いんですが、このバンドで僕はそうは思いませんでした。
自身の劣等感をぶつけてくるような、そんな辺りは初期のバックホーンを髣髴とさせるものがあって、個人的には聴いていてニヤニヤしてしまいます。
9mmとか時雨が好きな方にもオススメです。

「今日がまた終わっていく 今日はどうも狂っていた そういうことにすらまだ気付いて無いね」



と、いう訳でして3組ご紹介しました。今後もちょいちょい紹介していきます。
僕にオススメな曲があったらまた、教えてやって下さい。歓喜します。
posted by 一辺両端角相等 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

カンチャンやーっ!

今晩は、一辺両端角相等です。
本日も例によって購入したCDを紹介です。
COCK ROACH/赤き生命欲
赤き生命欲.jpg

ずっと買いたかった、COCK ROACHの2ndアルバムです。
一時期廃盤となっており、オークションでは一万円前後の価格で売られていたこのアルバム。
しかしどういう事かセブンアンドワイで再発されてたので早速購入しました。

やーばいです。
相変わらず全ての曲の歌詞で死生観について振られております。
こんなん売れる訳が無い。
にしてもスケールの大きさはトップクラスです。
CD音源で聴く『食人欲求者達の謝肉祭』は超絶な破壊力を持ち合わせています。
この曲はブログで幾度も紹介しましたね。
他にも初めて聴く曲はどれもこれもゴリッゴリでダイナマイトのようなパワーを秘めていました。
特に6曲目の『原子爆弾万有引力考想曲』は非常に重苦しい歌です。辛くなります。「原子力、逆光を浴びて 少女は「キレイ。」と言った」とかね、もうどういうことなんですか本当に。

アルバムに収録されている曲の大半がある種の「陰」を持っていますが、最後の曲、『鸞弥栄』で救われています。
あたかも雷雲轟く大嵐の中心から、一筋の晴天が刺してきたよう。
本当にこの曲は素晴らしいと思います。

全体的に歌詞が酷く暗いです。
でもその中にも「ただ残酷な事を歌おう」としている訳では無いんだろうな、といった印象を受けました。
そして歌詞カード?がもうなんていうか凄いです。内蔵みたいな切り絵が並んでいます。でもただ気持ち悪いだけじゃないです。


LOST IN TIME / 明日が聞こえる

ashita-kikoeru.jpg

「あの頃は良かったなんて言いたくはなかったのにな」でおなじみロストインタイムのニューアルバムです。
前のアルバムで「あぁロストやっちゃったな」と思っていたのですが、以前発売されたシングル『希望』を聴いて、購入しようと決心しました。
全体的にポップになっており、これまでのアルバム『時計』や『きのうのこと』と比べると前向きになった曲が多く含まれています。

また、「8月7日の夕焼けを君は見たか」(なんともバンプの曲名に似てる)は最初のアルバムである「冬空と君の手」の楽曲を髣髴とさせる、ちょっとロック調になってる曲です。
原点回帰、と言えば言いすぎかもしれません。
でも少し立ち止まって「きのうのこと」、つまりはこれまでの曲たちを振り返り、そしてまた聞こえてくる「明日」に向かって歌い上げている、そんなアルバムだと思います。
これまでのアルバムに比べればまだグッとくるものは無いかもしれませんが、今後のロストにまた注目していきたいと思います。

また、このアルバムを聴いて、初回特典のライブDVDを観て、やっぱりボーカルの海北の歌声は天下一品だなと再確認しました。


ついでに今欲しいアルバムをリストアップして忘れないようにしておこうと思います。はい。
譲ってくれる方は連絡下さい!500円までなら出せます!すいません調子に乗りました!金欠なんです!


Psysalia Psysalis Psyche/Psysalism

The Mirraz/ OUI!OUI!OUI!

相対性理論/ハイファイ新書(なんやかんやで後回しになってる)

嘘つきバービー/増えた1もグル

嘘つきバービー/子供の含みぐせ(タワレコに行くしか無い…!)

Fox loco phantom/CHAOTIC MONSTER

COCK ROACH/青く丸い星に生まれて

人間椅子/人間椅子傑作選(切実に欲しい、でも高い)

つしまみれ/つしまみれとロックとビアで(本当はアルバム3つとも欲しいっす…)

雅だよ雅/雅だよ雅(時代が来ると踏んでます)


ちなみにこれ全額計算してみたら18,000円超えてました!チキショー!
posted by 一辺両端角相等 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

思い出したように

ね、最近気になっている音楽を紹介します。
ちょいちょいこういうのしておりますけど、アレですね。
とりあえずこう、雑誌やテレビやラジオであんま取り上げられて無くてもいい歌を歌ってる人等は居るんですよみたいな、そういうのを言っていけたらな、と思います。
ゆうてマイナーメジャーな人等ばっかなんですけども。




Psysalia Psysalis Psyche/Butch&The Sundance Kid



サイサリアサイサリスサイケ、略してサイサリだそうです。名前長いわ。
いいですね。うんいいです。素直にカッコイイと思いました。
9mmとか時雨とかに似てるけど違うみたいな、うんなんともね、例えが下手ですいません。
でも上記のバンドが好きな人は、恐らく多分きっと気に入ると思います。カッコエエ。ボーカルとか外見はカワイイのに。
個人的にはsubway killerもオススメです。




Qomolangma Tomato/Through your reality



チョモランマトマト。随分とPVが気持ち悪いです。褒め言葉です。
こういう感じでね、なんというか最近社会的ななんかそういうのを批評するような歌詞を作る人が少なくなってきてるような気がしておるのですが、
その辺をズッバリやってくれて、随分と新鮮に見えました。
『世論はすぐに霞んで消える』
『貧困な社会を生む原因は何も政治家のせいだけではない』

とか歌うようなバンドはそうそう無いんじゃないでしょうか。
初期のエレカシのような印象を受けました。コメントでもそう言ってる人も居ますし、珍しく僕の感想が当たってますねうむ。当たってるのかねうん。





The Mirraz/CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい



個人的には聴いてて気持ちいい、The Mirrazの曲です。
ノリが良くてサラーッと聴ける印象です。
歌詞はまあ、薄っぺらいように見えてそうでもないかもしれません。
『毎夜毎夜毎夜探している 僕の僕の僕の自由
誰が誰が誰が持ってった? あんたあんたあんた知らないか? 』

とか結構深い事言って、うんまあ言ってませんね。

このバンドだけは別の意味で「気になって」ます。
このミイラズ、どうやらね、アークティック・モンキーズっていうイギリス?のバンドをほぼパクっていたみたいでして。
僕は全く洋楽には疎いんですが、実際「僕はスーパーマン」と「Brianstorm」を聴き比べてみたらホントに似ててビックリしました。僕でも分かるってのはよっぽどですよ。
その辺凄い印象悪いんですが、でも今後はオリジナルな感じで楽曲を作ってくれる事を期待しています。
上に載っけた歌はパクってるかどうかは分かりませんが、一皮剥いてくれればきっと良い歌を作ってくれる事だと思います。




Lillies and remains / Moralist S.S.




最後に、サイサリからの関連動画で気になったLillies and remainsを。
歌詞は英語で何言ってるんだか全く分からないんですが、本当に日本人がこの曲作ったんかと訊ねたくなるような曲です。
PVもまとめて好印象です。
僕は英詞はブラフマンとブンブンサテライツしか聴かないような人間なんですけど、このLillies and remains、この二組を追いつけ追い越せ、ていうくらいの実力を持ってるんじゃないかなと思いました。


さて、近々音声日記を作って上げようと思います。
大して喋ること考えてません。いやいっつも行き当たりばっかりなんですけども、はい。
今からなんかええネタあったかいなーと考えておきます。はい。
posted by 一辺両端角相等 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

折角だから思いっきり

好きな音楽を挙げようと思います。
テーマは「切ない曲」。個人的な切ない名曲をね、挙げていこうと思います。
基本的にJポップになりますね。うん。


cune「青空」。
いいですねcune。バンド名の由来が『聴く人をキュンとさせるような音楽を作る』っていうなんとも恥ずかしい事になってますが、聴くにたがわず切ない感じに仕上がってます。

あと歌声もいかんせん切ないですよね。PVは相変わらず意味が分からないですけどね。


ごめんねバックホーン大好きで!
本当はね、「何処へ行く」を載せたかったんですけどね。
声がちょっと気になりますが、そこをのぞけば良い具合の歌です。
ベースで脈拍を表現していたり、盛り上がり盛り下がりが分かりやすい曲になっています。
なんでも実際にあった事が歌の素になってるらしいです。
PVもね、マッチ一本一本や炎がいかんともしがたい雰囲気を醸し出していて素晴らしいです。



LOST IN TIMEの「約束」です。
いやぁ、葛藤というか劣等感をここまで力強く、でも切なく歌い上げてるのはいいなぁと思いますね。




切ないといえばみゆきさんです。僕達のみゆきさんです。「根雪」という歌です。
相変わらず反則的な失恋歌を歌ってくれます。まあ僕は失恋する以前に、うんそういう事だけどもいいじゃないそういうことはこのさいちょっと置いといても!




個人的にイースタンユース一の名盤、「感受性応答セヨ」より「夜明けの歌」です。
サビとかもうね、カッコ良すぎです。PVも良い感じです。
アルバムの一番最後に収めてもいいような名曲なのにそれを最初に持ってくる辺りがもう憎いぜイースタンユース。





他にも紹介したいのは沢山ありますが、動画が無いです。悔しいです。おっぱい。
posted by 一辺両端角相等 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューになってない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。